12/May/2017

新入荷豆 : タンザニア『ブラックバーン農園』

28/Apr/2017

ゴールデンウィークの営業案内

02/Apr/2017

新入荷豆 : ペルー『フェスパ農園 "Wilder Garcia" ブルボン』

02/Apr/2017

新入荷豆 : エチオピア『アッビ・ウォッシング・ステーション』ナチュラル

02/Mar/2017

季節のブレンド『ブリーズ』販売開始

02/Mar/2017

新入荷豆 : ニカラグア『フローレンシア』ナチュラル


Click Here to "NEWS" Page

スペシャルティコーヒー専門店

当店はスペシャルティコーヒーのみを扱うコーヒー専門店です。
スペシャルティコーヒーは、SCAA(米国スペシャルティコーヒー協会)の定義によると、SCAAのカッピングフォームに基づいた規準で、100点満点中80点以上の高評価を得た豆のことを言います。
SCAAが設立されたのは1982年のことで、それからスペシャルティコーヒーの概念が誕生しました。
これらの豆は、現在世界に5%〜7%ほどしか流通していない大変良質で貴重な豆です。
評価基準は10項目あり、香り・ボディ(コク)・酸味・フレーバー・余韻・甘さ・バランスなどを、それぞれ採点します。その合計点が80点を超えたコーヒーが、スペシャルティコーヒーとして認定されます。
こうしたグレードの区分が明確になったことで、これまで主観的だったコーヒーの評価は、客観的なものへと変わりつつあります。「うちのコーヒーは一番うまい」「当店自慢のおいしいコーヒー」で済んだ主観的評価の時代は去り、「こういう豆を使っているので、当店のコーヒーはおいしい」という客観的評価が必要な時代となってきています。
SCAAは、世界のコーヒーマーケットの中でも大きな存在感を示すようになっており、その考え方は世界的に大きなムーブメントとなってきています。

スペシャルティコーヒー

SCAAのカッピング・スコアが80点以上のコーヒー。
単一農園、単一農協等のコーヒー、もしくはトレーサビリティーが明確なコーヒーで、産地の香味にキャラクターがあるもの。

プレミアムコーヒー

グァテマラSHB、ブラジル・サントスNo.2、コロンビア・スプレモ等よりも品質が高く、産地が限定されているコーヒー(シングルオリジンなど)。

コモディティ(コマーシャル)コーヒー

汎用品で最も多く流通しているコーヒー。多くのコーヒー専門店などで使用されている。
グァテマラSHB、ブラジル・サントスNo.2、コロンビア・スプレモ(SP)等。

ローグレードコーヒー

安いレギュラーコーヒーなどに使用されているもの。
多くのカネフォーラ種(ロブスタ種)のコーヒー。

さらなる高品質への追究

近年スペシャルティコーヒーの認知度も上がり、コーヒー好きな人々の間ではちょっとしたブームになりつつあります。それに伴い品質の向上を求め、スペシャルティ・グレードの豆を扱うお店も増加しています。
しかし昨今このスペシャルティコーヒーが、大きく『二極化』の傾向を示しています。
世界に5%〜7%ほどしか流通していないスペシャルティコーヒーといっても、先に述べたSCAA(米国スペシャルティコーヒー協会)のカッピング基準で「80点」を獲得したコーヒーと「85点以上」のコーヒーとでは、流通量も香味も価格も全然違うのです。
85点以上のコーヒーは稀少なスペシャルティコーヒーの中でも高価で、極めて入手困難です。流通量はスペシャルティコーヒー全体の一割未満と言えるでしょう。そして品質(香味)も大きく異なります。
当店では80点のコーヒー豆を扱うための店ではありません。さらなる高品質を追究し、常時85点〜90点相当の品質のコーヒーのみを取り揃えるよう努めております。

80点のコーヒー(SCAAカッピング基準)

欠点のないコーヒー。キャラクター(個性)は弱い。

85点のコーヒー(同基準)

キャラクターの明確(豊富)なコーヒー。

90点のコーヒー(同基準)

フレグランス(豆を挽いた粉の香り)およびアロマ(粉に湯を注いだ液体の香り)を嗅いだだけで、産地や品種が分かるコーヒー。よりキャラクターが明確。

トレーサビリティーが明確

コーヒー豆は米などと同じく「農作物」です。決して熟成しておいしく変化するものではありません。
古米より新米、古いお茶よりも新茶のほうがおいしいように、コーヒー豆も当然新鮮なほうがおいしいのです。
さらにスペシャルティコーヒーは、トレーサビリティー(流通履歴)が明確です。
たとえばお米を買う際、『日本』という銘柄・情報だけの商品を選ぶでしょうか?これだけでは、どんな品種の米か分かりませんし、いろんな品質の米がブレンドされているかもしれません。『新潟県、魚沼産、コシヒカリ新米』というように、情報が明確であることが、品質を保証するためには重要となります。
ですのでたとえば『グァテマラ・SHB』より、『グァテマラ・アンティグア・アカテナンゴ山東斜面・サンタカタリーナ農園のニュークロップ(標高 : 1,960m〜2,117m、品種 : ブルボン、精製 : フリーウォッシュト)』という、トレーサビリティーを詳細に明記した豆のほうが、確かな品質ということになります。
当店では鮮度が良くトレーサビリティーが明確な、ニュークロップのみを扱っております。

ガス直火式ロースターで毎日焙煎

スペシャルティコーヒーは、それぞれが違った素晴らしい個性を持っています。
これらのキャラクターを最大限に引き出すために、国産ガス直火式5kgロースターを使用、排気や火力を気候や豆質などに合わせて細かくコントロールし、スペシャルティコーヒー本来の香味を出すよう、常々心がけております。
そして焙煎した豆をストックすることなく、必要な分を必ず「毎日」焙煎し、常にお客様に新鮮な焙煎豆をご提供致します。

入念なハンドピック

焙煎後、より上質なコーヒー焙煎豆に仕上げるべく、細かくハンドピックをします。
スペシャルティコーヒーは、本来欠点豆(未熟、発酵、カビ、虫食い等々)が非常に少ないですが、煎り加減や異物混入などの詳細なチェックを怠りません。
また欠点豆の除去のみに留まらず、気候などによる温度や湿度変化による豆の状態を知る上でも、非常に大切な作業です。

LCFの正規メンバー

当店は、スペシャルティコーヒーのパイオニア、堀口俊英氏(堀口珈琲代表取締役会長)が主宰するリーディング・コーヒー・ファミリー(LCF)に加盟しております。
LCFはコーヒーの栽培から精製に至るまでのプロセスを、生産農園とパートナーシップを築くことにより、最高品質の希少なスペシャルティコーヒーを追求しているグループです。
一般的に流通しているコーヒーとは一線を画した、厳選された農園と長期使用契約を結び、LCF専用に栽培精製された豆を中心に、独自のルートで生豆を確保しています。
また高品質なスペシャルティコーヒーでも、赤道直下より数十日もの間、灼熱の中常温のコンテナで輸送すれば、農作物である以上日本に到着するまでに大きく劣化してしまいます。そこでLCFは、リーファーコンテナ(温度コントロールが可能なコンテナ)での輸送や、真空パック等のパッケージ輸送などを行い、品質保持のためにも可能なかぎり全力を尽くしています。
LCFは、現在日本全国で約120店舗(正規メンバー、準メンバー合算)が加盟しています。

Cafe Menu

ホットコーヒー(ブレンド/シングルオリジン) 各600円
  ※同時にコーヒー豆をご購入のお客様 : 各300円

アイスコーヒー 700円
  ※同時にコーヒー豆をご購入のお客様 : 400円

カフェ・オレ(ホット/アイス) 650円
  ※同時にコーヒー豆をご購入のお客様 : 400円

カフェ・クレーム 700円
  ※同時にコーヒー豆をご購入のお客様 : 400円

ベイクド・チーズ 350円

ガナッシュ・ショコラ(10月〜3月期間限定) 350円

おいしいコーヒーの見極め方編

「おいしいコーヒーとは?」「失敗しないコーヒー選び」をテーマに、その見極め方、味覚訓練法、スペシャルティコーヒーの歴史およびその他のコーヒーのグレーディング、流通、栽培、精製、品種の違い等について、解説致します。
コーヒー1ドリップ付き。

ご希望の日程をご連絡ください

土曜日、日曜日、祝日 : 18時
月曜日〜金曜日(水曜日を除く) : 13時、18時のいずれか
講義時間 : 120分程度

定員 : 1名〜6名まで
受講料 : 各1,500円/2名〜6名(税込)、3,000円/1名のみ(税込)
受講対象 : どなたでも受講可能です

おいしいコーヒーの淹れ方編

ペーパードリップによる「スペシャルティコーヒー」の抽出術。いかにクリーンかつコーヒーの油脂分を抽出し、豊富なキャラクターを表現できるかを、丁寧に解説および実習致します。
ご家庭でも当店と同じ香味でお飲みいただけるようになります。

ご希望の日程をご連絡ください

土曜日、日曜日、祝日 : 19時
月曜日〜金曜日(水曜日を除く) : 13時、19時のいずれか
講義時間 : 40分程度

定員 : 1名〜4名まで
受講料 : 各1,500円/2名〜4名(税込)、3,000円/1名のみ(税込)
受講対象 : セミナー『おいしいコーヒーの見極め方編』を受講済みのお客様

産地別飲み比べ編

産地の異なる3種類のコーヒーをお飲みいただき、それぞれの詳細な解説とともに香味の特徴を感じていただきます。あまりの香味の違いに、驚かれること必至です。
次に3種類のコーヒーをブラインドでお飲みいただき、記憶と味覚をもとに、それぞれの産地を当てていただきます。
味覚が鍛えられるだけでなく、ご自身の好みの香味を知るきっかけにもなるでしょう。

ご希望の日程をご連絡ください

土曜日、日曜日、祝日 : 19時
月曜日〜金曜日(水曜日を除く) : 13時、19時のいずれか
講義時間 : 60分程度

定員 : 1名〜6名まで
受講料 : 各2,000円/2名〜6名(税込)、4,000円/1名のみ(税込)
受講対象 : どなたでも受講可能です



CLOUD NINEでは、ご飲食店をされているのお客様向けに、業務用コーヒー豆の卸売りをさせていただいております。

お料理が評判の飲食店で「食事はおいしいけど、締めのコーヒーは…」と、しばしば耳にすることがあります。
せっかくお料理やデザートなどにこだわりを持たれているのに、非常に残念でなりません。
ワインなどに比べ、コーヒーはまだ世界的に明確な香味が認知されていないのが現状ですが、じつは流通しているコーヒーの品質には、とても大きな差があるのです。

一般的に最も多く流通している「コモディティ(コマーシャル)コーヒー」、それよりも高品質で知られている「プレミアムコーヒー」より、さらに稀少で高品質な「スペシャルティコーヒー」は、今やおいしいコーヒーの基本とも言えます。

スペシャルティコーヒーは、SCAA(米国スペシャルティコーヒー協会)の定義で、「SCAAのカッピングフォームに基づいた規準で、100点満点中80点以上の高評価を得た豆」のことを言います。
しかし稀少なスペシャルティコーヒーの中でも、たとえば80点のコーヒー(欠点のない豆)と、85点以上のコーヒー(欠点がないだけでなく、キャラクターの豊富な豆)、さらには90点のコーヒー(香りを嗅ぐだけで、産地を判別できる豆)では、大きな差があるのです。

当店では世界に5%ほどしか流通していないスペシャルティコーヒーの中でも、さらに厳選した、より良質かつより稀少な85点以上のコーヒー豆を取り扱っていくよう努めております。
品質に伴うコスト・パフォーマンスや原価率では、当店はどこにも負けないと自負しております。




高品質かつ流通履歴が明確な農園、農協、ステーションのシングルオリジン豆のほか、用途に合わせたキャラクター豊かなブレンドを多数取り揃えております。
また貴店だけでしか飲むことができない「世界で一つだけのオリジナルブレンド」の創作も致します。
貴店のお料理やイメージなどを詳細にヒヤリングし、創作するスペシャルティなブレンドコーヒーが、貴店のお料理の名脇役としてお力添えできれば幸いでございます。

他店との品質・香味の差別化をお考えでいらっしゃいましたら、必ずお役に立てるかと存じますので、ぜひ当店へお気軽にご相談ください。




当店ではハンドドリップですが、コーヒーメーカーやエスプレッソマシンでのご提供にもご使用いただけます。
その他豆の取り扱い方法や保存、抽出をはじめとする技術的なサポートもさせていただきます。

オリジナルブレンド作成はもちろんのこと、銘柄を選んでいただく際も、無料にて試飲していただけますので、まずはお気軽にお問い合わせ、またはご来店ください。

サンプル写真

Specialty Coffee Beans Shop CLOUD NINE

〒158-0083
東京都世田谷区奥沢6-28-4 ワイズニール自由が丘1F

TEL : 03-3702-2027

営業時間 11:00~20:00(店内カフェ営業時間 13:00~19:00)

定休日 : 水曜(ただし水曜が祝日の場合は営業致します)

全席禁煙

駐車場 : 近所に数ヶ所コインパーキングあり(コーヒー豆を400g以上ご購入のお客様は、25分相当の駐車場料金を当店で負担致します)

お問い合わせはこちら

※大変恐れ入りますが、中学生未満のご入店をご遠慮いただいております(店内カフェご利用の際)。
何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


東急東横線自由が丘駅より徒歩7分
東急大井町線九品仏駅より徒歩3分
東急目黒線奥沢駅より徒歩8分

Googleマップで見る